ピッコマ│お別れを希望します【第8話】ネタバレ&感想

ピッコマ│お別れを希望しますのネタバレ・感想

こちらでは、ピッコマ漫画-「お別れを希望します。」第8話のネタバレ・感想をご紹介しています。

貧しい生活を送っていた主人公は、不運な事に借金取りから逃げている最中に交通事故に遭ってしまう…

しかし、目覚めてみるとそこは彼女が読んでいた小説「妖精の花園」の世界だった。そして、彼女はその物語の中でも悪女として”気に入った男性をコレクションする”「アイネ」に転生していた…!

下記からネタバレを含みますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

ピッコマ│お別れを希望します【第8話】ネタバレ

 

ジェイと男めがけて鐘を発砲したアイネ。

 

向かってくる火球を身を翻して避けるジェイ。

 

そのまま火球はジェイに斬りかかろうとしていた男の命中します。

 

倒れた男を見てブルブルと震えながら「死んだの?」とジェイに聞くと、「急所ははずれているから生きてるよ」と答えます。

 

思わず持っていた鐘を足元に落としてしまいました。

 

「一生歩けないかもしれないけど」と笑うジェイ。

 

ジェイの真意とアイネの慟哭

 

ジェイは震えているアイネを見つめます。

 

アイネの近くまで歩き、足元におちていた鐘を拾い、「これのおかげで君が護衛なしで来れたのか」と納得の様子。

 

「話には聞いてたけど、実物は初めて見た」とアイネに鐘を差しだすと、「どうして?」とアイネが呟きました。

 

「どうして避けなかったの!?」と感情的になるアイネ。

 

「余裕で勝てたくせに、どうして私を見てたの?殺されるところだったのよ!」と涙を浮かべます。

 

「なんでだろう?君があまりにも落ち着いていたから…」と少し考えながら、「俺がやられたらどんな反応するか気になったんだ」とニヤッと笑うジェイ。

 

「…イカれてる」とジェイを睨み付けます。

 

こっちは心臓が止まるかと思ったのに、私の反応が見たくて命を賭けるなんてバカげてると怒りに震えるアンネ。

 

「なんでそんなに怒ってるの?」と状況がわからないジェイ。

 

「まさか本当に俺が死ぬとでも思ったの?」とアイネの反応を見ます。

 

何も言えないアイネを見て、「マジかよ…」と笑いが堪えきれないジェイ。

 

「俺を心配してくれたなんて~」と嬉しそうでさえあります。

 

ジェイが簡単に死ぬわけないとは思っていたけど、ジェイなら簡単に命を捨ててしまうかもと思ってしまったアイネ。

 

でもこれ以上、弱い姿を見せたくないアイネはその言葉をそっと胸にしまいます。

 

別れを伝えるアイネ

 

「もうやめましょう」と冷静になり、「私のものになりなさい…と言った依頼は取り消すわ」と告げます。

 

「もうおしまいにしましょう」と。

 

その言葉を聞いて、無言で佇んでいるジェイの横を通り過ぎて行こうとするアイネ。

 

その後ろ姿に、ジェイが「どうして?」と問いかけます。

 

「俺が死のうとしたから?それともあの男のせい?」

 

「戦争の英雄とかいう君のフィアンセ…」と言う言葉に反応し立ち止まるアイネ。

 

アサドのことを思い浮かべ、「勘違いしないで!彼とは何の関係もないから!」と答えます。

 

「それじゃ?」と答えを求められ、「それはあんたが…」と言いかけ、心の中で《私を殺すからよ》《だからそうなる前に捨てるの》と思います。

 

その言葉は発することができず、踵を返すアイネ。

 

《なぜならジェイは神に捨てられた、哀れな私生児だから…。》

 

去っていくアイネの後ろ姿を見ながら、ため息をつくジェイ。

 

スッキリしない気持ちの正体

 

侍女にひとりにしてほしいと言って自室にこもるアイネ。

 

「お着替えもされないで、何か外であったのかしら…?」と心配する侍女。

 

ベッドに腰掛け、鐘を置いてきたしまったことに気づきます。

 

「もう手に入らない物なのに、大失敗!」とベッドに仰向けに倒れます。

 

「いっそジェイに出くわさなきゃよかった…」と天を仰ぎました。

 

「ジェイって私が思ってたよりずっと歪んでたな…」とさっきのことを思い返します。

 

とにかく別れは告げたけれど、あの状況で思いっきり怒って感情的になってしまい、どこかスッキリしないアイネ。

 

ふと自分をからかっているのかと言っていたアサドの姿が脳裏に浮かび、この世界の男たちはどこかおかしいのではと考えます。

 

《じゃあ、アイツも…?》と3番の姿を思い出し、そうだったら本当に大変だと疲れた表情を浮かべました。

 

「明日は違いますように…」とそのまま横になるアイネ…。

\ 全話更新中! /

ピッコマ│お別れを希望します【第8話】&感想

 

ジェイ、余裕で火球避けてましたね!

 

アイネの反応が見たかったとか、ちょっと恐すぎます。

 

アイネからしたら、目の前でジェイが殺されるかもしれないという危機的状況でしたから、無我夢中って感じでしたよね。

 

あんなに震えてて気の毒です。

 

小説の中のでのアイネとジェイの関係性がわからないので、ジェイからしてみたらどうしてそんなに怒るの?みたいな感じなんでしょうか?

 

普段、そんなアイネちゃんじゃないじゃん!みたいな感じの?

 

でも、結局はジェイに殺されてしまうのだから、とにかくお別れできればいいという判断でアイネは動いています。

 

それでも、どうもスッキリしていない様子でした。

 

小説の中のと実際に対面してとなると、色々と違う感じ方をするのかもしれないですよね。

 

たぶん、アイネのコレクションにされているからきっとアサドやジェイ、3番はアイネと別れたがっているに違いない!と根底では思っているから、あっさり別れられない状況に戸惑っているのではないでしょうか?

 

さあ、次は3番ですね!

楽しみです!

ピッコマ│お別れを希望します【第8話】のネタバレ&感想まとめ

今回は、ピッコマ作品「お別れを希望します。」の第8話のネタバレならびに感想をご紹介しました。

今後も最新話が更新されていく予定ですので、ビジュアルと共に楽しみたい方はぜひピッコマをチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です