ピッコマ│お別れを希望します【第21話】ネタバレ&感想

「廃妃に転生した私は小説を書く」のネタバレ&感想

こちらでは、ピッコマ漫画-「お別れを希望します。」第21話のネタバレ・感想をご紹介しています。

貧しい生活を送っていた主人公は、不運な事に借金取りから逃げている最中に交通事故に遭ってしまう…

しかし、目覚めてみるとそこは彼女が読んでいた小説「妖精の花園」の世界だった。そして、彼女はその物語の中でも悪女として”気に入った男性をコレクションする”「アイネ」に転生していた…!

下記からネタバレを含みますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

ピッコマ│お別れを希望します【第21話】ネタバレ

マリアの言った通り、アイネの元に招待状が届きました。

 

皇宮に訪れたアイネは中に案内されます。

 

金箔に包まれた壁の装飾にピカピカに磨きあげられた大理石が眩しいくらいに光っています。

 

帝国の建物は皇宮より派手にしてはいけないしきたりがありますが、大公家や公爵家が地味に感じるほどの豪華さでした。

 

侍女に案内された扉の前で「他のお客様もいらしています」と言われて頭にハテナが浮かぶアイネ。

 

〈他のお客様?呼ばれたのは私だけじゃなかったの?〉

 

話し声が聞こえてきます。

 

「マリア…?」

 

〈マリアの声はするけど、もうひとりは…?〉

意外な招待客

「アイネ!…じゃなく、フォレグリーン嬢、待ってましたわ」とマリアがアイネに気づきます。

 

「いらっしゃい」と席を立つ背後にアサドの姿がありました。

 

「フォレグリーン嬢…」と言うアサド。

 

「…あなたがどうして⁉︎」と驚くアイネ。

 

「大公は父に会いに来たんですよ」とマリアが説明します。

 

「フォレグリーン嬢の婚約者でもあるし、父が親しくなるようにとおっしゃったので招待したんです」と。

 

「大公も快く応じてくださって」とニコニコ顔のマリア。

 

「あ…そうなんですね」

 

〈そう説明されたら何も言えない…〉

 

〈せっかくマリアとの会話を楽しみにしてたのに、アサドが居たら気楽に話せない…〉

 

アサドとは婚約を破棄しないと言われたあの日以来、今日まで会っていませんでした。

 

「あっそうだ、おふたりとも祝賀会に参加されますよね?」とマリアが聞いてきます。

 

〈もちろんよ、私にとって決戦の日だから〉

 

あの日、アサドに言われた言葉が頭をチラつきます。

 

アサド:〈せめてこの気持ちに説明がつくまで…〉

 

頭をブンブン振ってその言葉をかき消します。

 

「祝賀会の参加…」と再びマリアが聞こうとして、「もちろんです」と答えるアイネ。

 

静かに紅茶を飲むアイネと、沈黙のアサド。

 

マリアは嬉しそうに微笑みました。

アサドに渡された物は…

お茶会が終わり、皇宮を後にするアイネ。

 

廊下をスタスタと歩きながらマリアにはなるべく近づかないようにしようと決めたアイネ。

 

〈マリアに近づくと必然的にアサドとも関わることになる〉

 

〈うかつだったわ〉

 

後ろから「フォレグリーン嬢」とアサドが追ってきます。

 

スッとアイネを追い抜いて前に立ちはだかりまさした。

 

「もう会わないつもりだったのか?」と悲しそうに目を伏せるアサド。

 

〈何なの引き止めておいてその目は…〉と戸惑うアイネ。

 

「俺を避けないでくれ…」と言われ、プッと思わず笑うアイネ。

 

「勘違いしていませんか?」

 

「時間がほしいとおっしゃったので承諾しましたが、私は相変わらずあなたに興味がありません」

 

真っ直ぐアサドを見据え、「その意味がおわかりにならないのかしら?」と冷たく言い放ちます。

 

「避けないでほしいなんて無理です」

 

「そこまで願うのは欲張りなのでは?」と心を鬼にして言うアイネ。

 

〈心は痛むけど、はっきり言うべきよね〉

 

「それじゃ…」と立ち去ろうとするアイネの腕をバッと掴むアサド。

 

「…すまなかった、でもこれだけ受け取って欲しい、そなたの為に用意したんだ」と手のひらに握らせてアサドは去っていきます。

 

一瞬、何が起こったかわからずにいたアイネは自分の手のひらにあるものを見ます。

 

それは光り輝くしずく型のペンダントでした。

 

寝室でバタッと寝転がるアイネ。

 

「あー、疲れた…」

 

アサドにもらったペンダントを眺めます。

 

それは風の魔法が施してあり、アサドの力が込められた魔法道具でした。

 

物に魔力を込めるのは上級魔術師でも難しいくらい時間と手間がかかります。

 

〈それでもペンダントに魔法を込めたってこたは…〉

 

「綺麗ね…」

 

ペンダントを見ながら眠りにつくアイネ。

 

しばらくしてアイネの部屋のドアが少し開き、光る眼がアイネを捉えていました…。

\ 全話更新中! /

ピッコマ│お別れを希望します【第21話】&感想

まさかマリアとのお茶会にアサドがいるなんてアイネも読者もビックリしましたよね!

本当なら帰還祝賀会で3人は出会うはずだったような…?

マリアちゃんに悪気はなさそうですが、アイネとアサドの気まずい空気感にも気づいてなさそうでした。

マリアちゃん本当に純真…。

アサドはアサドで、アイネに避けないで欲しいとか言ってしまって、完全にアイネに恋してませんか?

アイネがお別れをしようとするほど、みんなグイグイ来るのが面白いですよね。

アサドがアイネに渡した魔法の施したペンダントってどういった使い道なんでしょうか?

離れていてもアイネを守るみたいな感じでしょうか?

アサドの気持ちが知りたいところです。

最後、アイネの自室を不気味に見る目が表現されていましたが、シオン?

シオンじゃなかったら怖いですね…。

ピッコマ│お別れを希望します【第21話】のネタバレ&感想まとめ

今回は、ピッコマ作品「お別れを希望します。」の第21話のネタバレならびに感想をご紹介しました。

今後も最新話が更新されていく予定ですので、ビジュアルと共に楽しみたい方はぜひピッコマをチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です