ピッコマ│お別れを希望します【第18話】ネタバレ&感想

ピッコマ│お別れを希望しますのネタバレ・感想

こちらでは、ピッコマ漫画-「お別れを希望します。」第18話のネタバレ・感想をご紹介しています。

貧しい生活を送っていた主人公は、不運な事に借金取りから逃げている最中に交通事故に遭ってしまう…

しかし、目覚めてみるとそこは彼女が読んでいた小説「妖精の花園」の世界だった。そして、彼女はその物語の中でも悪女として”気に入った男性をコレクションする”「アイネ」に転生していた…!

下記からネタバレを含みますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

ピッコマ│お別れを希望します【第18話】ネタバレ

お店のドアを開くアイネ。

 

「ごめんください」と中に呼びかけると、奥から欠伸をしながら出てくる女性。

 

戸口に立っている2人を見て、「貴族のお嬢様では…⁉︎」と驚く店主のフローラ。

 

キョロキョロとドレスを見て回るアイネ。

 

フローラはどうしてうちの店なんかに…とアイネの様子をただ見ているだけです。

 

〈内装は綺麗ね〉

 

「私に似合うドレスをお願いします、既製品でも構いません」とフローラ言うアイネ。

 

「ド、ドレスですか…⁉︎」と返すと、「明日すぐに着たいので」との言葉に「まぁ!」とドキッとするフローラ。

 

フローラがドレスを選んでいる間、アイネとシオンは紅茶を飲みながら待っています。

 

「こちらはいかがでしょうか?」と奥からフローラがドレスを抱えて出てきました。

 

「お嬢様にはこちらのドレスがピッタリだと思います!」とアイネの前でドレスを広げます。

 

そのドレスを見てアイネの顔が輝きます。

 

〈確かにアイネの黒髪と金色の瞳に似合いそうなドレスね〉

 

「金色の刺繍を入れたブルーのクリノリンドレスです」とフローラが説明します。

 

「綺麗…」と見惚れるアイネに、「光栄です」と笑顔で答えるフローラ。

ドレスの値段

「おいくら?」とお財布に手をかけるアイネに、「12ゴールドです」と答えます。

 

「12ゴールド?」

 

お札を持った手が止まるアイネ。

 

〈高級ドレスなら60ゴールドはするのに、その半額以下って…〉

 

「安すぎるわ」

 

「そ、そうですか?」

 

〈安すぎると価値も下がっちゃうのよ!70ゴールドはしないと!〉

 

70ゴールドをフローラに差し出すアイネ。

 

「いくら何でもこんなには…」と震えるフローラに、「私が着るんだからこれくらいはして当然です」と毅然と言うアイネ。

 

「自分への投資ですから、お気になさらず」とニッコリ笑うアイネの様子をテーブルから見ているシオン。

 

「こんなにいただいてもいいのか…」と悩むフローラ。

 

「しかも既製品です」とまだ納得できない様子です。

 

「既製品でもオーダーメイドでも構いません、気に入ったものを買うまでです」と伝えるアイネ。

 

〈こんなセリフを言える日が来るなんてね〉

 

内心はちょっとドキドキ嬉しい気持ちです。

 

このくらい言わないとフローラはお金を受けと取らないはずだとアイネは踏んでいました。

 

〈放っておいてもヒロインのおかげで首都一の衣装室になるのだけど…〉

 

「フローラさんのドレスはこれくらいの価値があります、だから受け取って」とフローラの手にお金を握らせます。

 

「必要以上に値段を下げるのは、自分の価値を下げるのと一緒です」とアイネに説得され、アイネの名前を尋ねるフローラ。

 

「アイネよ、アイネ・ル・フォレグリーン」

 

まっすぐフローラを見つめる瞳に感動して「アイネお嬢様…」と涙を浮かべるフローラ。

 

「辛くても諦めないこと、そうすればいつかは必ず報われるますわ…」とフローラを励まします。

 

「ありがとうございます、お嬢様…」と和気あいあいの雰囲気に。

 

過去の自分に必要な言葉だった為、胸がいっぱいになるアイネ。

小説で読んだヒロイン

その後、フローラの衣裳室を後にしたアイネにシオンが「ご主人様は変だ」と言ってきます。

 

「えっ⁉︎」と驚くと、そのままさっさと馬車に乗ってしまいました。

 

〈思春期かしら…〉とポカーンとしてしまいます。

 

社交クラブ当日ー。

 

馬車に向かいながらシオンに「すぐ戻るから審判しないで」と優しく言うアイネ。

 

「リタ、シオンをよろしくね」

 

「はい!お任せください」と張り切ってます。

 

シオンはしょんぼりしながらも、「早く帰ってきて!」とアイネに言います。

 

〈それを言う為にお見送りに来たのね…〉

 

自分の意見を言えるようになったのはいい変化だと感じます。

 

馬車に乗り込み出発しました。

 

「お嬢様の社交クラブかぁ…、ヒロインのマリアも来るよね?」

 

マリアは典型的なヒロインです。

 

優しくて愛らしい、アイネとは真逆の人物で、マリアの登場は華麗に築き上げたアイネの世界を脅かします。

 

そしてアイネは破滅へと導かれていくことに…。

 

今はアイネの体に入っているものの、過去の自分はマリアのことが好きでした。

 

彼女が周りから愛される姿を見て満足していたのかもしれない。

 

〈マリアを自分に重ね合わせて…〉

 

「でも今はそんなこと言ってられる立場じゃない!下手したら首が飛ぶのよ!」

 

馬車が止まり、御者に「着きました、お嬢様」と声をかけられます。

 

〈もう着いたの…?〉

 

恐る恐る馬車を降ります。

 

〈よし!マリアに会いに行こう!〉

 

「いらっしゃいませ」と使用人たちがお辞儀をして出迎えていました…。

 

\ 全話更新中! /

ピッコマ│お別れを希望します【第18話】感想

フローラの衣裳室、中は綺麗なドレスが沢山ありましたね!

しかもアイネによく似合うドレスも見つかって自分までウキウキしてしまいました。

しかも、安くて喜ぶのかも思いきや、流石お嬢様。

価値のあるドレスだと言われてフローラもすごく嬉しかったことでしょう。

ただ、ヒロインのマリアはここでドレスを買う前なのか買ったあとなのか気になりますよね。

買う前だったら、フローラがドレスの価格を上げてマリアが買えないとか、そんなことはないですよね?

結果、アイネのドレスが絶賛されるみたいな感じになる可能性も?

この社交クラブはアイネとマリアにとって何か大きな変化が起こりそうな予感がしますよね。

そして益々ペット化しているシオンがかなり萌えます。

あんなに慕われたら手放すことできなくなりそうですが⁉︎

ピッコマ│お別れを希望します【第18話】のネタバレ&感想まとめ

今回は、ピッコマ作品「お別れを希望します。」の第18話のネタバレならびに感想をご紹介しました。

今後も最新話が更新されていく予定ですので、ビジュアルと共に楽しみたい方はぜひピッコマをチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です