ピッコマ│お別れを希望します【第12話】ネタバレ&感想

ピッコマ│お別れを希望しますのネタバレ・感想

こちらでは、ピッコマ漫画-「お別れを希望します。」第12話のネタバレ・感想をご紹介しています。

貧しい生活を送っていた主人公は、不運な事に借金取りから逃げている最中に交通事故に遭ってしまう…

しかし、目覚めてみるとそこは彼女が読んでいた小説「妖精の花園」の世界だった。そして、彼女はその物語の中でも悪女として”気に入った男性をコレクションする”「アイネ」に転生していた…!

下記からネタバレを含みますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

ピッコマ│お別れを希望します【第12話】ネタバレ

アサドからの思いもしなかった言葉に驚いて言葉が出ないアイネ。

 

〈婚約破棄しないって、死亡フラグじゃない⁉︎〉

 

〈私のこと嫌いなんじゃないの⁉︎〉

 

動揺するアイネは何を言い出すのかと、真意を聞こうと口を開きますが、アサドがたたみかけてきます。

 

「あの後で色々考えて、以前なら喜んでその提案を受け入れただろうが、気が変わった」と。

 

「そなたのことが知りたくなったのだ、そしてもう一つ…」

 

頭がズキズキしてきたアイネ。

 

もうすぐ皇女殿下の帰還祝賀会があるので、そこに婚約者として一緒に参加してほしいと言うのです。

 

〈頼むから私の計画を壊さないで…〉と困り果てたアイネ。

 

〈婚約破棄どころか、祝賀会に婚約者として一緒に行こうなんて…〉

 

「ひょっとして頭を強く打たれたとか…?」と恐る恐る尋ねると、「残念ながら正気だ」と返されてしまいました。

 

真剣な顔をしているアサドを見て、ジェイとシオンとのやり取りを思い出し、苦労はしたけどアサドだけはお別れできたと思ったのにとガックリするアイネ。

アイネの反論

〈このまま死んでたまるものですか‼︎〉

 

「どうしてですか?私を嫌っていたのではないですか⁉︎」と強く聞きます。

 

「そうだ」との答えるアサド。

 

「だったらどうして婚約を破棄しないのですか?」と尋ねると、「俺にもよくわからないが、なぜか婚約破棄をしてはいけない気がするんだ」と返されます。

 

そんな理由で⁉︎と呆れるアイネ。

 

すると逆にアサドに婚約破棄をしたい理由を聞かれます。

 

〈あなたのせいで私が死ぬからよ!〉とは言えないので、何か言い訳を考えます。

 

こんなとき本当のアイネなら…。

 

「あなたに飽きました」

 

顔が曇るアサド。

 

「最初はただの好奇心で、超然としたあなたが欲しかったの」と。

 

好きなキャラにこんなことを言うのは心苦しいけど、自分が生き残る為だと言い聞かせます。

 

「手に入れたら何か変わるかと思ったけど、勘違いだったようです」と軽い口調で伝えます。

 

「価値のないコレクションはいりませんわ」と言いながら、心では悪女みたいと涙を流すアイネ。

 

「あなたに飽きたから捨てる、それだけです」

 

父親には愛されず、継母からは虐待された彼にとって、今の言葉は残酷極まりないとアイネもわかっていました。

 

でもこれで、邪魔者が消えればアサドはヒロインと幸せになるから、お互いにとってベストだと腹を括るアイネ。

 

「本気で言っているのか?俺に飽きたと言うことも?」と聞かれ、「はい」と答えながら目を逸らしてしまいます。

 

「目を逸らすな」と言われ、まっすぐアサドの目を見て「本気です」と答えます。

 

「そうか…」と言ったまま短い沈黙が流れました。

 

アサドの提案

 

〈これでいいのよね?〉と罪悪感に苛まれるアイネ。

 

私じゃなくても、アサドを好きになる人は大勢いるはずだし、どうせヒロインと恋に落ちるのだからと正当化しようとします。

 

アサドは少し考えた後、「せめて婚約破棄を少し保留にしてくれないか」と言いました。

 

「えっ⁉︎」と驚いたアイネは紅茶をこぼしそうになりました。

 

〈破談を保留…⁉︎〉

 

〈聞き間違いじゃないわよね…⁉︎〉

 

「なぜそこまでする理由が…?」と尋ねると「知りたくなった」と答えるアサド。

 

アサドの執着に負け、結局皇女殿下の祝賀会がある3週間だけ破断を保留する話で決まってしまいました。

 

アサド自身もこの気持ちが何なのか知りたいと言います。

 

祝賀会の当日は、小説の話では、アサドがヒロインに一目惚れしてアイネのことは眼中になくなるストーリーでした。

 

アサドの言う〈気持ち〉が何なのかはわからないけれど、その時までまてば解決するだろうとアイネは思いました。

 

小説の通りにいけば、その日になればアサドもジェイも〈アイネ〉に興味をなくすので、さっさと逃げればいいと考えます。

 

〈ふたりに会うことのない遠くへ…〉

 

帰るアサドを見送るアイネ。

 

アサドに「さっきの彼は本当に恋人ではないのか?」と聞かれます。

 

「違います、恋人は他にいます」と答えるアイネ。

 

「わかった」と言ってアサドは帰っていきました。

 

どっと疲れるアイネ。

 

3週間の辛抱か…とテーブルに突っ伏していると、隣の部屋から唸り声が響きます。

オオカミに変身したシオンに、「シ、シオン様…⁉︎」と声をあげるリタ…。

\ 全話更新中! /

ピッコマ│お別れを希望します【第12話】感想

婚約破棄をしない理由がすごくざっくりしていましたね!

アサドの気持ちの変化ということで、間違いはなさそうですが、小説の中の悪女のアイネと、違う過去を持ったアイネに転生した人とではやはり中身の違いがわかるのでしょうね!

アイネの美貌と地位で、中身も悪女じゃなかったら嫌う理由ないですしね。

一応、祝賀会の3週間までは婚約破棄は保留になりましたが、当日にヒロインが現れて、本当にアサドは一目惚れするのでしょうか?

3週間の間に、何か起こりそうな気がしますよね?

アイネの思惑通り、ことは運ばない気はしますが、とりあえずシオンがオオカミになって暴れているのも気になります。

リタちゃん頑張って‼︎

アイネの頭痛の種、まだまだ増えそうですね…笑

ピッコマ│お別れを希望します【第12話】のネタバレ&感想まとめ

今回は、ピッコマ作品「お別れを希望します。」の第12話のネタバレならびに感想をご紹介しました。

今後も最新話が更新されていく予定ですので、ビジュアルと共に楽しみたい方はぜひピッコマをチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です