C@re
業界情報 > 業界情報 詳細
業界情報 詳細
国内 栄養・食支援で結果出す「在宅栄養専門」管理栄養士

円滑な退院支援に

日本栄養士会は2011年度より厚生労働省の委託を受けて、管理栄養士専門分野別人材育成事業を進めている。17年度より日本在宅栄養管理学会と協力し、複雑困難な栄養の問題を有する重症疾患等の在宅療養者へ、より高度な知識・技術で栄養管理を行う資格「在宅栄養専門管理栄養士」を創設、23人が認定を受けている。

在宅栄養専門管理栄養士になるには、まず日本栄養士会の特定分野管理栄養士・栄養士制度の「在宅訪問管理栄養士」の取得が必須となる。同資格は在宅医療に関わる多職種との連携、疾患や栄養状態に適した栄養・食支援ができる管理栄養士の育成を目的とし、在宅栄養管理学会が中心となり11年度にスタート。17年度末時点で849人が取得している。

在宅栄養専門管理栄養士は、そこからさらに講義・演習・実習を受け、かつ(1)在宅栄養の実務経験を通算3年以上(2)症例提出5例(3)学会発表1回以上(論文発表1編以上)――と、実践だけでなく学術的なアプローチも必要。その上で試験に合格すれば認定となる。

南大和病院(神奈川県大和市、医療法人新都市医療研究会「君津」会)の管理栄養士・宮司智子さんは認定者の1人。「在宅栄養の症例を発信していくことが大きな役割の一つ。栄養改善、誤嚥予防や再入院の減少、さらに家族の介護負担軽減など、実績をエビデンスとして、在宅栄養の必要性を示す責務があります」と説明する。

また、スーパーバイザーとしての役割も在宅訪問管理栄養士との違いだと宮司さん。「在宅訪問管理栄養士のうち、実際に在宅栄養を提供しているのは半数ほど。未経験の人たちへ、どうすれば訪問に行けるのかを指導していく、地域の中心的役割も担います」と述べる。

「在宅は楽しい」

同法人は「地域に根ざした医療」をコンセプトに、退院先の施設・自宅を想定した入院生活を心がける。食事についても、あらかじめ退院先で対応可能な食事内容へ調整を行い、円滑な退院支援につなげている。

普段は同法人の病院での外来・入院患者の栄養管理が主体の宮司さん。現在、在宅訪問は1人あたり月4件ほどこなす。退院・退所後の利用者もいれば、外部のケアマネジャーからの依頼も。地域のケアマネ連絡会へ出向くなど、普及活動の芽が出始めているという。

「病院との大きな違いは、生活全体の視点で食・栄養の課題解決を行うこと」と宮司さんは強調。初回訪問では冷蔵庫の中身や食器の大きさもチェックし、可能な限り生活環境、食習慣の把握に努める。また、生活動線も確認し転倒等の予防も。「必然的に、他職種との情報共有も高まります」。そうしていく中で、介護保険の知識も不可欠だと感じ、16年にケアマネジャーの資格も取得した。

「在宅では療養者それぞれの生活があり『普通』はありません。訪問一つひとつが勉強で、新たな発見です。その方の生活に合わせた栄養管理は難しくもありますが、栄養の維持・改善が見られた時が在宅の楽しさでもあります。いつも全力投球で訪問しています」。

質を高め、数を増やす

勤務20年目の宮司さんは現在、法人内の管理栄養士を束ねる立場。在宅栄養を担う人材育成にも精を出す。「病棟でケアにあたっていた管理栄養士が、退院後は自宅へ訪問する。こうした流れを今まで以上に作っていきたい。顔なじみなので、療養者さんも安心されると思います」。

また、同法人は日本栄養士会認定の「南大和認定栄養ケア・ステーション」を設置。今後は医療機関に属さないフリーランスの管理栄養士と連携することで、地域の在宅栄養のニーズを面で支えていきたいと宮司さんは話した。

(出典:シルバー産業新聞)

とじる