ピッコマ│人格FFF級のため魔王討伐【6話】ネタバレ&感想

人格FFF級のため魔王討伐やり直しになりましたのネタバレ&感想

本記事では、ピッコマ作品「人格FFF級のため魔王討伐やり直しになりました」のネタバレと感想をご紹介しています。

突如として異世界に召喚され苦節10年…ようやく魔王を討伐して元の世界に帰れると思った矢先、彼の元には神様からの通知表が届く!?

魔王討伐の過程で邪魔に感じたものは、味方問わず皆〇ししたせいで成績は最低評価のFに…そして、改めてもう一度この世界で冒険をやり直すことになる羽目になるが、性格に難アリのこの主人公は果たして元の世界に帰れるのだろうか…

以下からネタバレを含みますのでご注意ください

\ 全話更新中! /

人格FFF級のため魔王討伐やり直しになりました【第6話】ネタバレ

勇者が希望した「金銭的な支援」…王それを渋々受け入れると一つ条件を出した。

その条件とは、”金の管理は全てラヌベル”に託す…ということだった。

いきなりの王の提案にビクっと驚くラヌベル。

そして、不服そうにしながらも”自分の王の立場だったらそうする”と納得して勇者はその条件を飲んだ。

町市場にて…

ラヌベルに金の管理を任せる条件で王から金を受け取った勇者は、町の市場にやってきた。

だが、出てきて早々…

 

ラヌベル「勇者様!勇者様!」

ラヌベルが目を輝かせて、指をさしていたのは…キラキラと輝く魔法の玉。20万Gとかなり値が張る。

昔からずっと欲しかった…と言う彼女に対して、自分の金でもないからか他人ごとのように「買っちゃえ」と許可をだす勇者。

 

だが、輝きを放つその魔法玉を持ったラヌベルはとにかく目立ちすぎて周囲の客から注目を浴びてしまう。

10年前に転生した時、学校の制服で出歩いて不審がられたあの記憶がフラッシュバックした。

これはマズいと感じた勇者は、ラヌベルを連れて服屋に行くが…

彼女がちょっと引いてしまうほど派手な貴族のような服装に着替える勇者。

 

目立つのを避けるために移動してきたのに、なぜそんな派手な服を購入するのかラヌベルは疑問に感じる。

勇者「派手過ぎることくらい分かってるさ…」

「これはな…快適に買い物するためだ」

 

再び町に戻ってみると、人々からは貴族の人間と勘違いされるほど目立っていた。

しかし、勇者の狙いはまさにそれだった。

一般庶民は貴族相手に手を出せない…つまり、ラヌベルを狙う不届きものを追い払ったうえで、快適に買い物に集中できると。

本当の目的は

隣を歩きながらも勇者が何の目的で町に来たのか疑問に感じたラヌベルは、鍛冶屋や薬草を販売するお店に行かないのかと問う。

だが、勇者の口からは予想外の返答が返ってきた。

勇者「闇市場

 

その言葉を聞いてラヌベルは、あわあわと慌てる。

正義の味方である勇者が違法なオークションに参加するのはあってはならない行為だ…と。

だが…

勇者「ラヌベル。さっき買った魔法の玉だってルール違反だろ?」

ラヌベル「!」

 

ぐうの音も出ない返答に、プルプルと震え始めたラヌベルは急に表情が明るくなり…

ラヌベル「よくよく考えてみたら世界平和のために利用するなら悪いことじゃないですよね」

と開き直り、勇者に反対するのを完全にやめた。

魔法の言葉

半ば強制的にオークションへの参加を認める流れになったが、ラヌベルでさえ闇市場が簡単に見つけられない事くらい知っていた。

毎回のように場所も名前も変え、ひっそりと開催されるからだ。

ラヌベルの言う通り、勇者であっても簡単に会場を見つけることは出来ない。

 

しかし、勇者は迷わず町外れまでスタスタと歩き、いかにも治安が悪そうなバーへとたどり着いた。

バーの扉を開くとそこには、屈強な男たちが賭けをしていたり、飲んだくれがビールをかっくらう…まさに10年前と変わらない光景があった。

 

そして、カウンター席に座ってすぐ…長髪で髭を生やした店主とみられる男性を「トニー」と呼んだ。

トニー「…! …私の事をご存じなのですか?」

 

彼は元暗殺者で、引退後にバーを営んでいる。

10年前何も知らずに戸惑っていた勇者に対して生き残る術を教えてくれた友人であり師匠のような存在だった。

 

だが、今日は友人に会いに飲みに来たわけではない。

勇者(今もあの魔法の言葉が通じるのだろうか?)

 

そして勇者はトニーに告げる

いい酒が「少し」あるかい?

 

トニーはグラスを磨きつつ…表情を変える。

トニー「…ご希望の金額を教えて頂ければ多少は調節いたしましょう」

勇者(よし…!)

トニー「今日入ったばかりの27年産黒ビール ブラックドラゴンです」

「羊肉と一緒に召し上がると…より風味を楽しめます」

 

これらは全て隠語だった。

オークション開催は今日。

そしてブラックドラゴンは会場の場所。

 

さらに勇者はトニーに ”羊肉の品質はどうだ?”…と質問する。

それに対して”大いに期待して頂いて結構です”と答えるトニー。

 

ここで言う「羊肉」。

これは闇市場のイチオシ商品である…

奴隷のことである…!

 

勇者はニヤリとほほ笑む

勇者「じゃあ羊肉を2人前頼もう」

\ 全話更新中! /

人格FFF級のため魔王討伐やり直しになりました【第6話】感想

1話~6話までイッキ見しましたが、ピッコマ内で配信されている他作品に比べて1話ごとのページ数が多めですよね。1話ごとに平均80ページくらいある感じです。

転生後に物語をクリアしたけど素行不良でもう一周…

しかし、強くてニューゲームではなく、記憶は残ったままステータス0から開始…みたいな状況でいかに勇者が心を入れ替えて冒険を進めていくか。

そんなストーリーですが、序盤から悪知恵を働かせて効率的に冒険を初めていますね。王道の俺強系ではなくダークな要素があるので、あの手の展開に飽きてしまった方にはオススメできるかもしれません。

今回第6話では、闇市場へ参加する直前まで描かれていましたが、次回はお目当ての”羊肉”を無事に競り落とせるのでしょうか?

人格FFF級のため魔王討伐やり直しになりました【第6話】ネタバレ&感想まとめ

今回は、人格FFF級のため魔王討伐やり直しになりました【第6話】のネタバレおよび感想をご紹介しました。

なお、ビジュアルが見たいという方はぜひピッコマを利用してみてくださいね。現在も1日1話無料で配信中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です