ピッコマ│人格FFF級のため魔王討伐【14話】ネタバレ&感想

人格FFF級のため魔王討伐やり直しになりましたのネタバレ&感想

本記事では、ピッコマ作品「人格FFF級のため魔王討伐やり直しになりました」【第14話】のネタバレと感想をご紹介しています。

突如として異世界に召喚され苦節10年…ようやく魔王を討伐して元の世界に帰れると思った矢先、彼の元には神様からの通知表が届く!?

魔王討伐の過程で邪魔に感じたものは、味方問わず皆〇ししたせいで成績は最低評価のFに…そして、改めてもう一度この世界で冒険をやり直すことに…性格に難アリのこの主人公は果たして元の世界に帰れるのだろうか…

以下からネタバレを含みますのでご注意ください

\ 全話更新中! /

人格FFF級のため魔王討伐やり直しになりました【第14話】ネタバレ

勇者と会話しているアレックスこそ ”未来の剣王” と呼ばれる男。

典型的なタンカーであり、徹底的に見方を守るだけでなく一人での単独任務もこなすことが出来る。

 

見方を守りながら長時間戦える身体能力。

敵陣の中心でも臆することなく戦い、無事に帰還するほどの度胸と剣術を兼ね備えている。

…それが”剣王”と呼ばれる所以(ゆえん)

 

勇者(だがそのうち気づくはずだ…剣王よりも勇者の方が上だということに!)

成長..?

口が達者な勇者に対して、アレックスは挑発を続ける。

アレックス「一日でも早く俺に謝罪してほしいなら、こんなところで油を売ってる暇はねぇぞ」

勇者「うるせぇな。お前なんか余裕で勝てるっつうの」

 

今後行われる訓練で本気を出してしまえば、レベル4でないことは絶対にバレてしまう。

だが、妖精王から疑われてしまうのは避けたい。

そこで勇者は、考えた

深い森の中にある古代遺跡を発見して急にレベルを上げたと説明すれば良い…と。

 

勇者(道徳の先生の教え通りに行動したぞ…真面目に忍耐を実践してるってことだ)

(以前の俺だったら、カッとなってアレックスを〇してただろう)

その頃、新しい仲間は

ラヌベル「それで…今日は何をする予定ですか?」

すこしソワソワしながら勇者に質問するラヌベル…

どうやら先日のオークション会場の件で、かなりショックを受けた様子。

 

勇者「…そういえば、あの新しい仲間はどうした?」

そう…あの会場で落札できた元傭兵だ。

 

元々あの元傭兵は、勇者の経験値となる予定だった。

しかし、例の教師には”自分より弱い仲間を経験値扱いするな”と釘をさされたので、荷物係として使おうとしている。

 

ラヌベル「勇者様の仲間になれるって聞いてからすっかり元気になりました」

「王国の料理長がビックりするほどの食べっぷりで、凄い勢いで体力を回復してます!」

 

オークション会場でこそ生きる気力を無くしていたが、腐ってもレベル286。

ファンタジー世界でサバイバル形式のレベルアップ効果は凄い…

自分が望んだ能力は選択できないものの、全体的に能力が向上する…!

いつ初期化されても…

ファンタジー世界のレベルアップによるスキル向上は凄い。

…が故に勇者は腹を立てていた。

勇者(くそっ!思い出しただけで腹が立つ。)

(10年かけてあげたレベルを一気に初期設定に戻しやがって)

 

そして、2回目の転生を経験して、勇者はあることを確信していた。

それは”その気になれば奴らはレベルやスキルは簡単に初期化できる”…ということを。

 

確かに勇者は特典で経験値が5倍貰える。

そのため、少しだけ努力すれば様々なスキルを得られるが…

絶対的な存在がその気になれば、いつでも消すことが出来るいわば

”架空のもの”

 

魔法や魔術。

そして武功やら精霊といった力も「勇者のもの」ではないのだ。

 

だからこそ勇者は確信したのだ。

「科学だけが唯一の真実であり力である」と。

旅支度

街の様子をキョロキョロと確認する勇者に対して、嬉しそうに声をかけるラヌベル。

ラヌベル「もしかして、冒険に出かける準備をするんですか?」

「どこにいくんですか?」

 

だが、彼女が期待する一方で、勇者はやれやれといった表情をしながら”一日で行ってこられる距離じゃない”と話す。

だからこそ、急いで旅の支度を整える必要があると。

どうやら勇者は、妖精たちから金を受け取ったらすぐに出発するつもりのようだ。

 

勇者(歩いていくつもりはねぇ…金ならたっぷりあるんだから)

(時間と安全は金で買える)

(1回目の冒険でいろいろ経験してみて学んだことだ…!)

 

遠出になるため、国王を説得する必要はありそうだが、用事を済ませて早めに帰還することを約束すれば問題はなさそうだ。

ただ、見張り役としてアレックスが付いてきそうな気配はある。

旅の目的とは…?

ラヌベルが遺跡に向かうのかと尋ねると予想外の答えが返ってきた。

勇者「…偉大なる存在に会いに行くぞ」

 

勇者の精神的な部分を形成したのがトニーであるなら…

これから会いに行く存在は対極の…

”物理的な部分を教えてくれた師匠”。

 

勇者(1回目の時は偶然出会ったけど今ならこっちから会いにいけるぞ)

 

ラヌベルにこの勇者が尊敬する人間がどんな存在なのかとウザ絡みされている最中だった…

”勇者様!ここにいらしたんですね!”

”妖精の国-エルブハイムから使節団が到着したようです!”

勇者「!」

\ 全話更新中! /

人格FFF級のため魔王討伐やり直しになりました【第14話】感想

勇者が「物理的な師匠」と呼ぶ存在がどんな人物なのかめちゃくちゃ気になりますね~!

その前に、例の妖精の国とのやり取りが行われるようですが…バレずに商談することは出来るのでしょうか。

次回15話の展開も楽しみです。

人格FFF級のため魔王討伐やり直しになりました【第14話】ネタバレ&感想まとめ

今回は、人格FFF級のため魔王討伐やり直しになりました【第14話】のネタバレおよび感想をご紹介しました。

なお、ビジュアルが見たいという方はぜひピッコマを利用してみてくださいね。現在も1日1話無料で配信中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です