ピッコマ│悪役に正体がバレてしまった【第7話】のネタバレ&感想

本記事では、ピッコマで連載されている漫画「悪役に正体がバレてしまった」の第4話のネタバレ・感想をご紹介しています。

ピッコマ│悪役に正体がバレてしまった【第7話】のネタバレ

セレナが疲れ切った様子で、数日間の出来事を振り返っています。

「こんなに気疲れしたのはいつぶりだろう」

 

あれから数日間、イグネスに遭遇することはなかったエレナ。

しかし訓練兵の仲間たちから、嫌がらせを受けているようです。

 

訓練兵からの嫌がらせ

訓練兵がエレナの頭に小石を投げます。

その光景を見て、慌てて駆け寄るレティオ。

1人でいたいエレナは迷惑そうです。

 

レティオ「大丈夫ですか?なんですかあの人たち!?」

エレナ「無視すれば大丈夫です」

レティオ「でも!これは教官に報告するべきです」

エレナ「やめてください!」

目立ちたくないエレナは、怒るレティオを落ち着かせます。

 

そんな2人の背後で、訓練兵たちが2人に聞こえるように噂話をしています。

「エヴァン家門の恥!」

「俺だったら恥ずかしくて入隊できねぇよ」

「エヴァン家門って金がなくて破綻寸前らしいじゃん」

「才能のない息子が生まれて公爵も可哀想だな」

 

再び訓練兵たちに怒ろうとするレティオですが、エレナに止められます。

エレナ「相手にしないでください。彼らは自分に自信がないんですよ。無視が一番です」

子犬のような目でエレナをみつめるレティオ。

エレナのことを心配しています。

 

すべてセレスティンのせいだ!と心の中で怒るエレナ。

それでも自分がこうしてセレスティンを装うほうがいい方向に進むはずだと言い聞かせます。

本物のセレスティンだったら、

レティオやイグネスの言葉をまっすぐに受け止めて、2人と仲良くなってしまうでしょう。

 

レティオとセレスティンの関係

 

エレナを励ますレティオをみて、「さすが主人公、イケメンだ」と思うエレナ。

しかしそのとき、なぜかエレナの頭の中にはイグネスが浮かびます。

 

エレナ「どうしてこんなに気にかけてくれるんですか?何か見返りがほしいのかと思ってしまいます」

エレナの質問にモジモジするレティオ。ためらいながら話し始めます。

レティオ「いつ話そうか悩んでいたんですけど…僕は昔セレスティン君に会ったことがあるんです。その時のお礼がしたいんです」

 もちろん思い当たる節がないエレナは、余計なことを聞いてしまったと後悔します。

 

「少しずつ距離を縮めていこう」というエレナに、大喜びのレティオ。

「頑張って訓練してもっと強くなります!」と意気込んで去っていきます。

 

1人になったエレナは、弓の練習を再開します。

エレナが18歳になって2か月。

小説の中でイグネスとイレアが婚約した時期はレティオが軍隊にいた時です。

まだ何の噂もないから、結婚の話はスムーズに進んでいるのかなと思うエレナ。

 

そのときにエレナはふと気づきます。

「イレアが登場すれば、イグネスやレティオが私に近づいてくることがなくなるのでは?」

考え事をしていて、思わず弓を的から外してしまうエレナ。

訓練兵たちがまたエレナをからかいます。

 

その様子を、たまたま通りかかったイグネスが建物の中から見ています。

イグネス「エヴァン?」

ピッコマ│悪役に正体がバレてしまった【第7話】の感想

エレナをからかう訓練兵たちに怒ったり、エレナの言葉に大喜びしたりするレティオが忠犬のようでかわいいですね。

エレナはもう少しレティオに優しくしてあげてもいいのでは?と思ってしまいます(笑)。

イレアが登場すれば2人に振り回されることもなくなるだろうと楽観的なエレナですが、果たしてそんなにうまくいくのでしょうか?

ピッコマ│悪役に正体がバレてしまった【第7話】のネタバレ&感想まとめ

今回は、ピッコマ漫画「悪役に正体がバレてしまった」【第6話】のネタバレおよび感想をご紹介しました。

1話~3話までは、ピッコマ内で閲覧可能です。また、1日1話無料で読むこともできるので、ビジュアルも合わせてチェックしたい方はぜひピッコマ公式も使ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です